HOME > ゴヤールの歴史

GOYARD(ゴヤール)は160年以上もの間、世界中の人々を魅了し続けている。

天然素材を使用したバッグはさまざまなシチュエーションで使うことができ、男女問わず支持を集めている。

今回は、ゴヤールのバッグに注目して買取相場や高額査定情報を紹介しよう。

情熱溢れるGOYARD(ゴヤール)の歴史

GOYARD(ゴヤール)の歴史は、1792年創業の梱包用品専門メーカー「メゾン・マルタン」から始まる。

妃殿下御用達の梱包用品メーカー

メゾン・マルタンは単にモノを運ぶだけの梱包ではなく、いかに美しく運ぶことができるか、に重きを置いていた。

その技術が貴族や上流階級の間で評判を呼び、妃殿下御用達の名誉を与えられるほどになっていった。

時は経ち1845年、フランソワ・ゴヤールが入社したことによって「メゾンゴヤール」がスタートし、トランクメーカーとして時代を築き上げていった。

現在も著名人に愛されるゴヤール

その後、息子のエドモン・ゴヤールが事業を引き継ぎ、ロンドンやニューヨークなどへ店舗を展開。そしてブランドのトレードマークとなる「Y」の杉綾模様が誕生した。

1998年にはジャン・ミッシェル・シニョルがゴヤールを買収。ジャン自身ゴヤールの大ファンだったため、顧客の立場からニーズを考え、メゾンの歴史と価値を活かした事業展開を進めた。

このような情熱が、創業から160年以上経った現在でも芸術家や王室関係、著名人を始めとする世界各国の人々に愛されているのだ。

GOYARD(ゴヤール)のバッグの特徴

ゴヤールと言えば「Y」のヘリンボーン柄(杉綾模様)が特徴的だ。

こだわりの素材で作られているバッグ

杉綾模様には、主にの2色が使用されており、限定色などもある。デザイン性だけでなく、耐水・耐久に優れた天然塗料を使用しているので使いやすさも抜群である。

ハンドル部分の革も上質なものを使用しており、使っているだけで商品の良さが分かる逸品となっている。

職人の手作業によって丁寧に制作されている

また、バッグは一つひとつ職人の手作業で作られており、見えない部分まで計算された職人技を体感できるのではないだろうか。

この職人技が、軽くて丈夫なバッグを完成させているのだ。もちろん、耐水性にも優れているので雨の日でもOK。

ゴヤールは、ビジネスシーンでもプライベートでも使いやすいバッグとして世界中の人から人気を集めている。

 

ブランドベイはいつでもゴヤールの高価買取を実施しておりますので、お気軽にご相談ください!